先輩インタビュー

  • HOME
  • 先輩インタビュー

漢方を調剤して日々感じること

Q.現在どんなお仕事をしていますか?
A.煎じ薬の処方せんの内容と個々の患者様のアレルギーなどを確認した上で調剤します。投薬時は西洋医学的な病態に基づいた指導はもちろん、漢方医学的な面も含めて個々の患者様に応じた服薬指導をしています。

Q.印象に残っている体験談を教えてください。
A.漢方を継続服用することで、がんの患者様で再発がなく、かつQOLが改善している例があります。

Q.株式会社ミツヤで働いていてよかったなと思うところについて
A.アットホームな会社なので上司との関係も密接で風通しもよく、意見が言いやすい環境です。

Q.今後の目標を教えてください。
A.患者様が処方せんをもらわれた時、どの薬局へ行こうかと思われた時、選ばれる薬局を目指したいです。

在宅訪問の現在と未来について

Q.現在どんなお仕事をしていますか?
A.地域で往診なさっている医師の依頼により、患者様の家にお薬をお持ちして、それぞれにあわせた服薬指導をしています。お薬がきちんとのめているか、あるいはどうして服用できないのか、のみづらいことはないか、など、実際の生活の場に入って服薬状況を確認したり、アドバイスするだけでなく、患者様の体調変化や生活状況を聞きとって、効果的な治療が行えるよう、医師にフィードバックしています。患者様の家を訪問する際には、五感をフルに働かせて、患者様の状態を把握するように努めています。またいろいろな生活のお話によく耳を傾けることで、食事や睡眠、排泄や認知の状況、メンタル面の様子など詳しく聞きとるようにしています。さらに、患者様をとりまく多職種のケア会議に参加することでよりよい生活がおくれるよう、チーム医療の一員として貢献しています。

Q.印象に残っている体験談を教えてください。
A.2人暮らしのご高齢のご夫婦のお家に薬剤訪問していますが、薬剤師が入る前はお薬の管理ができなくて何箱もの残薬があったそうです。今ではどうすればのみやすくなるか相談し、生活にあわせた工夫をしているので、ご夫婦ともお薬がきちんとのめるようになり、服薬のストレスが軽減されました。「お薬のことで頭がおかしくなりそうだった。きちんと管理してもらえて本当に助かっている。」と感謝されています。1人暮らしのお年寄りのお家で、お薬のことや生活状況のことなどお聞きしていると「あなたに話しをきいてもらえてよかった」と言っていただけました。

Q.株式会社ミツヤで働いていてよかったなと思うところについて
A.薬剤師による在宅訪問という仕事は、まだ私の周囲では行っている薬局が少ないので、かけがえのない貴重な経験の機会を与えられていると思っています。訪問の仕事は、体力も気力もそれなりの覚悟も必要とされるけれど、薬剤師の職能が活かせるこれからの、とてもやりがいのある仕事だと思います。

Q.今後の目標を教えてください。
A.薬剤師の仕事は薬局で調剤して薬を渡すだけではありません。もっと進化させられるものと思います。薬局の枠をとび出して患者様の家へ出向くことで見えてくるもの、可能になることがたくさんあります。そうするとまた薬局での仕事の質も変化してゆきます。これからはより一層、地域の方々の健康をサポートできるよう、処方せんがなくても気軽に相談できる薬剤師、こちらから生活の場に出向いて行ってその人の生活によりそってアドバイスができる薬剤師、他職種の人々にも頼りにされる薬剤師になれるように努力していきたいと思います。

応募要項はこちら